不動産担保ローンの特徴や注意点

自宅や土地などを担保に入れて融資を受けることができるローン

不動産担保ローンとは、自宅や土地などを担保に入れて融資を受けることができるローンのことです。
一般の消費者金融では無担保での融資に対応していますが、こおの担保の有無と言う点に違いやメリットが存在しています。
そこで今回は不動産担保ローンの特徴やメリットなどを御紹介します。
一般の無担保の消費者金融では担保が無い代わりに、職業や就業形態・年収などによって借り手の信用力を評価し審査を行うことになります。
万が一返済が滞ってしまっても担保を換価して残債務の回収をはかれない可能性があります。
そこで貸し倒れのリスクを高い利率を設定することでカバーするわけです。
また融資限度額も月収との兼ね合いで判断されるので融資額も限定されるのが通常です。
これに引き換え不動産担保ローンでは、借り手の信用力にプラスして担保不動産の経済価値も含んで審査されるのでまとまった資金を調達することも可能になります。
ところで不動産を保有していない場合でも、親やきょうだいなどの第三者名義についても担保権を設定することで利用することも可能になっています。
このローンを貸し手から評価すると借主が減殺できなくなっても、担保不動産を競売するなり任意売却するなりの方法で回収を図ることができるのでリスクが軽減されることになる訳です。

無職でも不動産担保ローンで借りれるって本当?~失業中、生活保護、年金暮らし、専業主婦、求職中の方に | 審査が甘い消費者金融とクレジットカード https://t.co/UwIQyVk0xi

— お金の悩み解決 (@ranrandesune) 2018年10月24日

自宅や土地などを担保に入れて融資を受けることができるローン一般の消費者金融に比較すると利率は低めに設定されている担保権設定登記のための手数料などが必要な点も注意