不動産担保ローンの特徴や注意点

一般の消費者金融に比較すると利率は低めに設定されている

そのため一般の消費者金融に比較すると利率は低めに設定されています。
借主としては低金利で融資を受けることが出来るので毎月の返済額を低く抑えることが出来ます。
一般的には融資限度額が高くなりますが、それもひとえに担保不動産の交換価値がどれほどの額になるのかにかかっています。
広い道路に面しているような土地と入り組んだ場所にある土地とでは、金融機関の担保評価額には開きが出てしまうのは確かです。
逆に言えば好立地の物件であればかなり高額の融資を受けることもみこめます。
従って複数の消費者金融から融資を受けているような場合に、おまとめローンとして不動産担保ローンを利用する選択肢もあります。
借入をまとめて一社に纏めることで返済のために返済の労が軽減されたり、毎月の返済額を下げるなどのメリットを享受できる場合もあります。
ただしその恩恵に預けることができるのは、比較して利率の高いローンに限定されます。
自動車ローンなどでは元来低い利率に設定されているので借入を纏めるメリットはほとんどありません。
ところで消費者金融や銀行のローンでは、あくまで日常生活に使用することを前提にしているので事業資金として利用することは認められていません。

無職でも不動産担保ローンで借りれるって本当?~失業中、生活保護、年金暮らし、専業主婦、求職中の方に | 審査が甘い消費者金融とクレジットカード https://t.co/UwIQyVk0xi

— お金の悩み解決 (@ranrandesune) 2018年10月24日

自宅や土地などを担保に入れて融資を受けることができるローン一般の消費者金融に比較すると利率は低めに設定されている担保権設定登記のための手数料などが必要な点も注意

不動産担保ローン個人向け不動産担保ローン|株式会社 日本保証