不動産担保ローンの特徴や注意点

担保権設定登記のための手数料などが必要な点も注意

しかしこちらのローンの場合事業資金としての使途に対応できる場合があります。
例えば取引先銀行から融資を断られた場合には、こちらのローンを検討するのも一つの手といえます。
特に銀行の融資審査では財務状況や将来の収支なども念頭にいれて厳格に審査されることになります。
これに対して不動産担保ローンでは借主の信用力にふかして不動産の担保価値で審査されるので、融資を承認される可能性が高くなります。
また金利も低くなり融資額が大きくなっているので、長期の借入期間を設定することも可能になっています。
ただ不動産を担保に入れるので、抵当権設定登記などの事務手数料が必要になります。
これらの費用には融資額に応じた収入印紙なども含まれますが、その分の費用が加算されることも留意しておいてください。
不動産担保ローンは不動産を担保に入れる分、融資限度額が大きくなり、利率も低く抑えることが出来ます。
その結果月々の返済額も低く抑えることができ、借入期間も長期にわたることも可能になっています。
ただし無担保の消費者ローンと異なって、担保権設定登記のための手数料などが必要な点も注意してくさい。

自宅や土地などを担保に入れて融資を受けることができるローン一般の消費者金融に比較すると利率は低めに設定されている担保権設定登記のための手数料などが必要な点も注意